ウェブ エコピュア
EMとは?
特集・レポート
連載
投稿ひろば
用語集
FAQ
出版物のご案内
EM情報室について
リンク
サイトマップ
プライバシーポリシー
EM生ごみ発酵肥料の作り方・使い方

 

EM生ごみ発酵肥料は生ごみをEMボカシ(Ⅰ型)で合えて嫌気発酵させたものです。EMが増殖して、発酵分解が進んでいるために、土と混ぜた際になじみやすく、比較的小規模の菜園にぴったりの土壌改良資材です。

 

●用意するもの

・EMボカシⅠ型
・生ごみ
※生ごみの水分が少ないこと
・密閉バケツ
※いろいろな種類、大きさのものが市販されています。

《処理できない生ごみ》

 

水切りをしてない生ごみ

腐った生ごみ

ペットのふん

たばこの吸いがら

つまようじ など

 

●つくり方

 


  1. すのこの上に新聞紙を敷き、EMボカシをまきます。底に敷いた新聞紙が目詰まりを防ぎ、発酵液をこす役割もしてくれます。

 


  1. 水分をよく切った生ごみとEMボカシを入れます。その日のうちに処理するのがコツです。大きな生ごみは細かくするとよく混ざります。また、魚や水分の多いスイカなどが含まれる場合はEMボカシを多めに入れましょう。

 


  1. EMボカシと生ごみを混ぜたら、空気に触れないように、上からギュッと押して空気を抜き、フタをしっかり閉めて密封します。

     

    ※バケツが一杯になるまでは中ブタをするとより空気が入りにくくなります。

 


  1. 底にたまる発酵液は定期的に取り出します。

 <EM生ごみ発酵液の使い方>

色は透明〜薄茶色です。水で500〜1000倍に薄めて土に散布すると、土が元気になります。原液か10倍希釈液を下水、排水、トイレなどに流すと悪臭対策になります。

 


  1. 1〜5の行程を繰り返して一杯になった容器はきっちりとフタをして密閉し、直射日光を避け、1週間(冬場は2週間)程度発酵させます。漬物のようなニオイであれば成功です。

     

    ※長く保管しておくと腐敗するので注意してください

 

 

●使い方   プランターやコンテナなどに入れる場合

 

 

  直接畑などに入れる場合

 

  1. うねに沿って溝を掘ります。

 


  1. EM生ごみ発酵肥料を溝の長さ1mに対して3kgを目安に入れます。

 


  1. 分解を促進するために土とよく混ぜます。

 


  1. その上から土をかけます。

 


  1. EM希釈液(EM活性液)を散布します。

 


  1. 埋め戻してから、2週間以上あけてタネまきや苗の植え付けを行いましょう。

 


トップページ | EMとは? | 特集・レポート | 連載 | 投稿ひろば | 用語集 | FAQ | バックナンバー | EM情報室 | リンク集 | サイトマップ