ウェブ エコピュア
EMとは?
連載
投稿ひろば
用語集
FAQ
出版物のご案内
EM情報室について
リンク
サイトマップ
プライバシーポリシー
EMボカシの作り方

 

米ヌカやモミガラ、油カス、魚カスなどの有機物をEMで嫌気発酵させたものがEMボカシです。材料の種類、用途によって大きく2つに分類され、生ごみリサイクルや土壌改良資材として広く利用されています。微生物的な環境の改善と養分供給が主な使用目的です

 

EMボカシⅠ型(発酵促進剤)

材料は米ヌカとモミガラなどで、生ごみリサイクルなど有機物の発酵処理に使用します。

 

EMボカシⅡ型(土壌改良・養分供給剤)

米ヌカに油カスや魚カスなど、窒素を多く含む有機物が材料で、菜園での野菜づくりに使用します。

 

 



用意するもの

・米ヌカ …3.5kg
・モミガラ …800g
 ※濡れていないものを使用します。
   ない場合は米ヌカを500g増量してください。

・EM1&糖蜜希釈液 …1リットル
 ※水:EM1:糖蜜=98:1:1の割合で混ぜて作ります。
   また、希釈液の代わりにEM活性液を使用すると
   初期の発酵がスムーズになり、失敗しにくくなります。

・密閉容器(10リットル)
・ジョウロ
・タライなど

 

 


  1. モミガラをタライに入れて、半分量のEM1&糖蜜希釈液をかけてしみこませます。

 


  1. 別の容器に米ヌカを入れ、軽く絞った1のモミガラを加えてよく混ぜます。

 


  1. 2に少しずつEM1&糖蜜希釈液をかけてよくかき混ぜます。

 


  1. 混ぜ合わせたものをギュッと握ると団子になり、チョンとつつくと割れるくらいの水分状態にします。

 


  1. 4を密閉容器に一杯になるように詰め込みます。このときなるべく空気が入らないように上から軽くおさえてください。

 


  1. 空気が入らないようにしっかりとフタをします。

 


  1. できるだけ暖かく、温度変化の少ないところで発酵させます。

 


  1. 甘酸っぱいフルーティーな香りになったら完成です。

 

 

 

 



用意するもの

・米ヌカ …4kg
・油カス …1.5kg
・魚カス …1.5kg
・EM1&糖蜜希釈液 …1.5リットル
 ※水:EM1:糖蜜=98:1:1の割合で混ぜて作ります。
   また、希釈液の代わりにEM活性液を使用すると
   初期の発酵がスムーズになり、失敗しにくくなります。

・密閉容器(15リットル)
・ジョウロ
・タライなど

 

 


  1. タライに米ヌカ、油カス、魚カスを入れて、固まりがあればつぶしておきます。

 


  1. 1をよく混ぜ合わせます。

 


  1. 2に少しずつEM1&糖蜜希釈液をかけてよくかき混ぜます。

 


  1. 混ぜ合わせたものをギュッと握ると団子になり、チョンとつつくと割れるくらいの水分状態にします。

 


  1. 4を密閉容器に一杯になるように詰め込みます。このときなるべく空気が入らないように上から軽くおさえてください。

 


  1. 空気が入らないようにしっかりとフタをします。

 


  1. できるだけ暖かく、温度変化の少ないところで発酵させます。

 


  1. 甘酸っぱいフルーティーな香りになったら完成です。

 


トップページ | EMとは? | 特集・レポート | 連載 | 投稿ひろば | 用語集 | FAQ | バックナンバー | EM情報室 | リンク集 | サイトマップ